読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エビフライはしっぽまで

嵐とKAT-TUNのことを中心に。

ARASHI BLAST in Miyagi に行ってきた~おまけ~

またまた間が空いてしまった。その間に嵐は当落とかアルバム発売とか色々なことがあったり。

前回の記事で、ライブの中味について書いたので、今回はおまけということでライブまでの道のりとか遠征のこととかを。今度遠征とか野外に参戦することがあった時の覚え書きにも。

 

mottoxebifly.hatenablog.com

 

~BLASTへの道のり~

・情報解禁

5月頭のことでした。

確か朝起きてTwitter開いたら騒ぎに。宮城ってどこよ?状態(東北ってことは知ってたよ)日程的には連休で行けないことはないだろうけど、調べてみると非常にアクセスの悪い場所とのこと。どうする?そしてとりあえずホテル抑えようと思ったが既に満室のオンパレード。どうする、私?この時点では参戦に対しては後ろ向きであった。

学生の頃からの嵐ファン仲間の友人にどうするんだろう?って感じで連絡をしてみる。みんなで行ったら怖くない的なノリで申し込もうってことになる。ちなみに一緒に行った友人は卒業後住んでいるところがバラバラになり、年単位で会っていなかったが嵐のことで繋がり続けていた。そして私は関東に住んでいるが友人二人は西日本に住んでいたのでまさか申し込むとは思わなかった笑

・申し込む

・当落

 7月

私の名義は落選。友人Aからは落選の報。場所はどうであれやっぱり当たらないのか~って感じで、ほぼ諦めモードでした。が、友人Bから当選したとの報。とにかくびっくらこいた。

関門1突破:チケットをGETした、

・グッズ購入

ここ数年嵐のツアー以外のコンサートでは夏の日テレのイベントでグッズを販売するというのがお決まりと化していた。なので今年もそうなるのではないかと踏んでいたらやはり今年もだった。そしてこのグッズの販売も期間中いつでも好きなように行けるというわけではなく、これもまた抽選なのです。とは言っても毎年落選は少なく、今年もちゃんと行けました。そして、グッズは事前に購入。日程が遅くなるほどケミカルライトが売り切れ続出だったそうである。通販とかして頂きたい。

関門2突破:グッズをGETした

 

・新幹線の切符の購入

私たちはアクセスツアーはパスしたので、自力で切符などを取って行くことになった。

まずは仙台まで辿りつかなければならないので、仙台までの新幹線の切符購入が必要となった。新幹線の切符は1カ月前から指定席が購入できるとのことで、1カ月前である8月に都合の良かった友人に並んでもらい購入してもらった。ちなみに東北新幹線は自由席が少ない(便によっては全席指定)とのことなので今後東北に新幹線で行かれる方は要注意です。

初日、2日目参戦の方々が切符が早ば売り切れというのを見かけて不安だったけど、友人のお陰で無事取ることができた。

関門3突破:新幹線の切符をGETした

 

・シャトルバスのチケット

会場まではシャトルバスが出るとのことで、続いてはこの争奪戦となった。シャトルバスに関してこれまた友人にとってもらったので私は苦労はしていない笑。

友人曰く仙台駅発のものを取る予定であったが、既に売り切れており泉中央発のものを購入したそう。

関門4突破:シャトルバスのチケットをGETした

 

・ホテル

これが一番大変だったかもしれない。

情報解禁の時点で宮城中のホテルは満室で、予約集中したことがニュースに出ちゃうほどでしたね。

ネットで探すが、全く空きがない。福島や山形もない。めっちゃ高い所ならあったけれども。

とりあえず友人のつてで大宮のホテルを仮押さえをした。しかし、大宮の場合新幹線ダッシュしないといけないので、その後ももっと近いところを押さえようと探す。

私の場合◯リップアドバイザーで、暇さえあれば呪われたかのように見てました笑。◯リップアドバイザーは、色んな予約サイトの状況を一度に見られるのでオススメであるが、反映が遅いのでそのサイトに行った時には既に埋まっているということも多々。

お盆の前ぐらいに、友人が仙台市内のホテルを見つけてくれて予約。しかし仙台市内とはいえ郊外で、会場からのアクセスに悩んでいた。

そうこうしていたら9月頭に。だいぶあきらめかけててサイトを覗く頻度が少なくなっていたが、ある朝覗いていたら仙台駅から徒歩圏内のホテルの空きを発見。無事予約!

関門5突破:ホテルを予約した!

ちなみに3人一部屋で探してて、今回宿泊した部屋はもともとツインルームでベットを一つ足してくれた。実際狭かったwあるサイトでは2人一部屋でしか予約を受け付けていなかったが、他のサイトでは3人一部屋で予約受け付けてくれたので色々探すことは重要であると学習した。やはり、直前になればキャンセルは少なからずは出るので粘ることも重要ですな。迅速に予約できるようにいくつか予約サイトの会員登録をしておくことも必要だなと。

 

こうして、現地までの手段は確保したのである(なんだか大げさ)

 

~当日編~

東京駅で合流する形に。ちなみにチケット関係は全て事前に郵送してもらった。郵送も簡易書留を使用。何かあった時に備えてコストかかっても簡易書留などを使った方が良いと思います。

私達の座る新幹線の座席に知らないおじさんが間違えて座っててちょっと焦ったけど、無事合流し、出発。新幹線はやっぱり快適、そして東京→仙台あっという間!

私達は11時30分ごろの新幹線に乗り13時ごろ仙台に着。仙台駅では日立の広告が迎えてくれました。でも時間が無かったので、この時は撮影せずホテルに荷物預けに直行。

ホテルに荷物を預け、地下鉄に乗り泉中央駅まで。ホテルによってはチェックイン前に荷物預けられるとこもあるので要確認である。

泉中央駅からはシャトルバスで会場までシャトルバスのチケットの時間のギリギリぐらいについたのでそんなに待たなかった。ただ天気がとても良く日差しが強かった。

 

会場到着!道中何も無いようなところを走っていたので本当にあるのかと心配になってしまったが無事到着。私は到着しただけで感動した笑。

 

友人はグッズを買ったり、会場をぐるぐる歩いたり。兎に角日差しが強かった。フード付きタオルが大活躍だった!高確率で野外では雨の降ることに定評のある嵐さんのことだから(笑)悪天候の方を想定してたが、超晴天の対策も野外では必要でした。

そして、私はトイレに並んだのだが、安定の大行列。お手洗いはお早めに。30〜40分並んだかもしれない。

 

そして会場内へ。

広いんだけど全体的に近かった。たぶんスタンドでも結構近そうだった。会場入っただけで感動笑。

 

開演までいるもの出したり準備。

野外でアリーナ席だったので、念のための水対策で荷物を袋に入れる。雨が降らなくても、水の演出があるとびしょびしょになることも…(以前参加したアラフェスでは濡れた)

 

服装は、半袖に長袖カーディガンにウインドブレーカーの装備。+フード付きタオル

開演前:カーディガンを羽織った状態開演後:暑くなりカーディガンを脱ぐ→日が落ちて寒くなりカーディガン再び羽織る→更に寒くなりウインドブレーカーを着る

ユニクロの折り畳めるウインドブレーカーとフード付きタオルが出来る子でした。

という感じだったので、野外は特に温度調節が重要だったと実感。いくらライブで騒いでも寒いものは寒いのです。

 

ライブ終了後は規制退場。スタンド席からで、私たちのブロックが出るまで30分くらいかかった。

やっと出れたと思ったら今度はシャトルバスの列へ。動線が確保されてたので迷うことはなかった。ちゃんと方面によって分けられていた。そこからバスに乗るまでは1時間かかった。スタッフの方が嵐の曲流してくれてた。ありがたき心遣い。

しかし、ここは東北、夜。寒かった〜。ここで活躍したのがカイロ。シャトルバス待ちの時が一番寒かったかもしれん。

だいたい9時頃会場から脱出。

夕食を済ませ、仙台駅に戻り、ホテルへチェックイン。

夕食は仙台駅付近ではなく、泉中央駅付近にて。店舗は少ないけど、人はそこまで多くなかった。仙台に戻った時まだ並んでいたお店があったのでとにかく食事したいなら泉中央駅付近もオススメかもしれない。

そんな感じで1日目終了。

余談だが、私たちの泊まったホテルのパジャマがこの日のMCで話題に上っていたにのちゃんのパジャマと恐らく同じようなやつだった(もちろん違うホテルですよ)

〜2日目〜

チェックアウト後とりあえず仙台駅に。駅近くにKIRINの看板があり撮影。にのの写ってるものは無かったけど、親切な方がにのの写ってる看板のある場所のメモを残してくれていた。

駅ではHITACHIの看板の撮影。

お土産屋さんも人だらけ〜。ほとんど嵐ファンといっても過言ではなかった。

お土産買って、牛タンを食べ仙台を後にしました。

家に着いたらMステSPやってて見ることができた~!

また今度ゆっくり観光したい!宮城、仙台以外の東北にも行きたいな!!

だらだらと書いてしまったが、以上です。文章上手くなりたい!

 

 

追記

ようやく書きあげた今日は11月3日。ということは、嵐さんデビュー日!!!デビュー16周年おめでとうございます。これからも素敵な姿を見せて下さいね☆