読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エビフライはしっぽまで

嵐とKAT-TUNのこと。

なんてこったい

最近テレビを買った私は朝の7時にテレビが付くようにタイマーを設定をしていた。

そんな機能を使い初めて2日目位の13日水曜の朝、熟睡をしていたがテレビから流れてきた言葉を聴き飛び起きた。そう、SMAPの解散報道である。わけが分かんなかった。でもSMAPの解散報道はこれまで何回かあったことで、今回も風物詩のようなものではないかと疑っていた。しかし、普段の報道ではここまで朝の情報番組で大々的に報じられたり、多くのスポーツ紙で取り上げられるようなことは無かったため一抹の不安があったが、事務所や本人たちのコメントは無かったため信じてはいなかった。

ところが夕方仕事終わりにTwitterをのぞいたら、NHKでも報道された件や事務所からこうした協議をしているといったFAXがあったことを知り、ただ事ではないと分かった。

 なんてこったい!!!

憶測はいっくらでもできるが、本当のことは本人たちしか分からないので、今はただ良い方向に行くことだけを願ってやまない。

 

 私は今嵐とKAT-TUNを担当として応援しているが、初めて知って好きになったジャニーズはSMAPである。SMAPという存在を知る以前でも「赤ずきんチャチャ」が大好きだったので知らぬ間に大変お世話になっていたのである。

確か小学4年か5年生の頃SMAPを知り程なく好きになった。特に慎吾ちゃんが大好きで、たぶん初めて好きになった男性タレントでリア恋だった気がする(笑)小学生の頃はサタ☆スマや歌番組ドラマをよく見てて、中学生になってからはSMAP×SMAPも見るようになった(我が家は小学生の頃は10時までに寝なくてはいけなかったし、録画機能が無かったので小学生の頃は見てなかった)誕生日にサタ☆スマの本やSMAP×SMAPの本を買ってもらったり、テスト頑張ったご褒美にCDを買ってもらったり、私の楽しみの一つだったことには違いない。中学生の頃友人関係が上手くいかず、辛いこともけっこうあったりした。けどこうしてテレビ見たり、CDや本を買ってもらったりCDを聴いたりする楽しみがあったことで乗り切れたのかなと思う。その後受験やら、高校が部活と勉強が忙しく離れてしまった。だが、部活は吹奏楽部だったので演奏会でSMAPの曲はよく演奏してお世話になった。Dear Woman 何回やったかわかんないし、世界に一つだけの花は所属したところ全てでやった。そんな曲は他にはない。

大学生の時に嵐にはまり再びテレビを見るようになり、歌番組などでSMAPを見る度にかっこよさと絶対的なものを感じていた。ここ最近の楽曲もすごい好みで是非ともライブに行きたいと思っていたのである。それに嵐の相葉くんやKAT-TUNの田口くんもSMAPに影響されてジャニーズに入ったそうなので、足を向けて寝ることはできない。

今は茶の間レベルだけどもやっぱり好きだし、色々な思い出もある。その好きなものが無くなってしまうのはとても嫌である。これからも後輩にじゃんじゃん影響を与えていってほしいし、50代60代と年齢を重ねて素敵なおじさまなになっていくSMAPを見ていきたい。

 

誰が悪いとか誰が正しいかなんて分かんないけど、私はこれからもSMAPが見たい。ただそれだけ。

 

もう、昨年末から色々飛ばし過ぎでパトラッシュ僕はもう疲れたよ!もう年越しそば食べちゃいたいよ!